2012年08月13日

気軽に食べれるコラーゲンゼリー


失われていく肌のハリやツヤ、そして関節の痛みなど、加齢とともに悩みはつきません。これは、体内で合成されるコラーゲン量の減少が大きく関わっています。コラーゲンとは、たんぱく質の一種であり、皮膚や骨の構成成分です。加齢とともに減少していく体内のコラーゲンを補うには、コラーゲンを多く含む食材を摂取することが、良いといわれています。鶏手羽肉、牛すじ、ウナギ、エビ、カレイ、フカヒレなどは、コラーゲンを多く含む食材です。これらの食材が、直接体内のコラーゲンになるわけではありませんが、体内のコラーゲンをつくる働きが高まるといわれています。気軽に食べれるコラーゲンゼリーやこれらの食材を積極的に摂取して、いつまでも若々しい肌と健康を保ちたいものです。
posted by みぶき at 02:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。